2011年8月30日 (火)

東北復興応援 東北に「ごちそうさま」を届けよう! セレクション

私ども、やじきたロードでは、「がんばろう日本」に協賛し
皆様がご購入してくださった売り上げの一部を、赤十字を通して寄付させていただいています。

東北地方も、少しづつですが、復興に向けて進んでいます。

GIGAZINEより
震災から5ヶ月、被災地の復興はどれだけ進んだのかが分かる写真

まだまだ課題は多く、多くの時間が必要な問題もあります。

その内のひとつとして、風評被害があります。

現在流通しているお米は、第三者機関から検査され安全が確認されています。

農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)

流通しているお米は安全な畑から取れたお米です。
そのお米も一緒に、危険だと思われ、震災の被害の上乗せのように、復興の妨げとなっています。

そこで、やじきたロードグループの「穀米屋」では、普段、高価であまり口にしないような、日本有数の米どころである、福島・茨城の農家から直接販売をさせていただく、

東北お米セレクションを立ち上げさせていただきました。

東北に「ごちそうさま」をとどけよう!
Goods_2


しかも、今回は苦しい中からも、みなさまに少しでも再びおいしいお米を食べていただきたい気持ちを込め、農家の方々のご協力もあり、中には49%OFFという、普段では手に入らないお値段で提供させていただいております。

ぜひとも、東北の復興にがんばるみなさんへの応援を込めまして、召し上がってみてはいかがでしょうか。

風評被害?去年のお米ですよ!
風評被害を防ぐには
東日本の農産物の風評?被害で大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

薪ストーブ追加情報

薪ストーブは奥が深く、
薪ストーブを使い出したときから、さまざまな世界が拡がっていきます。

そのひとつに、煙突掃除。
やじきたで提供させていただいている薪ストーブは、
煙突掃除を年に一回だけでできるような仕組みになっています。

それでも、やはり煙突掃除は必要です。

ご自分でもできますが、
ここはやはり、プロの方にお願いし
いろいろなお話をお伺いしながら、やってもらうのも
ちょっと、こころのゆとりがもたらされるような気がします。

こんな煙突掃除屋さんを見つけました。

「煙突掃除ホットライン」

こちらの守備範囲は「神奈川・東京・千葉埼玉・茨城・栃木
長野・群馬・山梨・静岡」とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

薪ストーブ特集はじめました

薪ストーブ特集はじめました。
Pechika


なかなか優れものの薪ストーブです。

Mw10017_2

薪ストーブは、家の中にいながら、炎の揺らぎを見ながら心の安らぎが与えられます。
何物にも変えがたい時を過ごす事ができます。

暖かさも、体験すると分かりますが、電気・ガス・石油ストーブでは味わえないすべてを暖めてくれる感じがします。

そして、なによりも電気を必要としません。

この薪ストーブは、高温で燃焼できる特別な構造になっているので、通常では燃やすことのできない杉やヒノキの間伐材を使い事ができます。建築用廃材も使うことができるのは、大きなメリットです。

この薪ストーブがあれば、東北で出た廃材も使うことができますね。

このストーブは、高温で完全燃焼しますので、煙がほとんど出ません(点火直後は多少出ます)。灰取りも1ヶ月に1回で済みます。

寿命は20年!壊れる部分や消耗部品がなく、消耗品を定期的に交換する必要がありません。また、ススがほとんど出ませんので、煙突掃除も年1回。手間がほとんどかかりません。

おまけに、表面温度が500℃にもなりますから、煮物・焼き物などどんな料理も出来ます。

この冬、生活の中に自然の暖かさはいかがでしょう。

ほんの少しだけ、薪ストーブの雰囲気を味わっていただけます。down

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

はじめまして、店長の小栗です。

はじめまして、店長の小栗です。
暑くなったり、涼しくなったりと忙しい今日この頃、そんな頃にブログを始めさせていただきます。
私、小栗はもともと電気の設計を生業としていましたが、縁あってこの【やじきたロード専門店街】の店長となりました。リアル店舗での経験も生かし、みなさまに安心して楽しいショッピングをしていただけるよう心がけて参ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)